准教授 志水児王と大学院1年生の本田洋子が「対馬アートファンタジア2018」に参加します。

2018/08/14

対馬アートファンタジア2018

 

■会期 2018.8.25 (土) ~ 9.30 (日)

 

■会場
対馬アートセンター/旧対馬市久田小学校内院分校/半井桃水館 他

 

 


http://artfantasia.asia/artist/

 


准教授 志水児王が審査委員会推薦作品として紹介されました。

2018/08/14

第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

 

■会期 2018.6.13 (水) ~ 6.24 (日)

 

■会場
国立新美術館(六本木・東京)

 

 


http://festival.j-mediaarts.jp/works/art/window/


本学卒業生・在学生によるグループ展が開催されます。

2018/04/12

RUBICON REBOOT展

 

■会期 2018.4.11 (水) ~ 4.16 (月)

10:00~19:30 火休み

 

■会場
天満屋広島八丁堀美術画廊

 

 

 

 


 

← 画像をクリックすると拡大します。


講師 釣谷幸輝の個展が開催されます。

2018/03/13

2018 釣谷幸輝展

 

■会期 2018.3.10 (土) ~ 3.25 (日)

11:00 ~ 19:00 (3.25 17:00 close) 水・木 休み

 

■会場
京都・アートゾーン神楽岡

 

 

 

 

http://www.artzone-kaguraoka.com

 

← 画像をクリックすると拡大します。


第21回広島市立大学芸術学部 卒業・修了作品展が開催されます。

2018/02/13

第21回広島市立大学芸術学部 卒業・修了作品展

 

■会期 2018.2.14 (水) ~ 2.18 (日)

10:00~17:00 (入場は16:30まで)

 

■会場
広島市現代美術館・広島市立大学

 

 

広島市現代美術館と広島市立大学キャンパスの2会場に分けて、日本画・油絵・彫刻・デザイン工芸(視覚造形・映像メディア造形・立体造形・漆造形・金属造形・染織造形・現代表現)を専攻する学生たちによる150点を超える作品を展示します。
4年間の学部、2年間の博士前期課程の研究制作の集大成となる卒業・修了制作を発表し、学生たちの研究成果を広く市民の皆さまに知っていただくことを目的に、卒業・修了作品展を開催します。

 

 

なお、初の試みとして大学キャンパスにて、2月17日(土)13時から、本作品展優秀賞等の受賞者トークショーを開催します。作品への熱い思いなど、受賞者へのインタビューやトークをお楽しみください。

 

また、作品展をより深くまで堪能いただくことを目的として、17日(土)、18日(日)に、「卒展会場ツアー」を2会場で開催します。受賞者トークショーやツアー詳細については、卒展オリジナルサイトをご覧ください。

 

Instagram:@hcu_2018sotsusei
Facebook:@hcu2018art
Twitter:@hcu_2018_art

 

← 画像をクリックすると拡大します。


第21回広島市立大学芸術学部 卒業・修了作品展 特設 twitter

油絵専攻22期生(学部3年生)によるプレ卒展が開催されます。

2018/02/08

22期生によるプレ卒展「われわれは、」

 

【日時】 2018年2月21日(水)- 26日(月)

     10:00-20:00 (最終日は17:00まで)

【会場】 合人社ウェンディひと・まちプラザ (広島市まちづくり市民交流プラザ) 北棟4階ギャラリーB

【入場料】 無料

 

【内容】 卒業を1年後に控えた22期生の有志18名による、初めての試みとなるプレ卒展です。「われわれは、」というテーマをもとに自分と向き合い制作した油絵作品を展示します。 新しい可能性を探し続ける私達の作品を、是非ご覧ください。

 

【事前イベント】 大矢英雄教授 他による公開講評 2月20日(火)17:00〜 ※出入り自由

 

 

■詳細 Twitter: @22_warewareha

 

← 画像をクリックすると拡大します。


「われわれは、」展 特設 twitter

博士後期課程、佐藤麗生による個展が2カ所で同時開催されます。

2018/02/08

佐藤麗生 / 「悲しいは、なし」

 

2018/2/15(木)~2/20(火)

11:00-19:00(最終日は17:00まで)

場所:横川創苑

広島市西区横川町3-11-12

 

色んな人から自分の作品のテーマを聞かれて、その度に「人間」とか「妖怪」とか言ってその場を乗り切っていたけど、それはシーンであってテーマでは無い気がしていた。 それでちょっと前までは「間抜けさ」って言ってたんだけど、それも完全にピントの合った言葉ではない感じがした。 色々と消去法で考えた時に初めに思ったのは「とりあえず、悲しいは、無しだな」ということで、これが一番しっくりくる言葉なので「悲しいは、なし」が私の作品のテーマです。

 

同時開催 「宵待逃避行」

2/13〜2/23(月曜休み)

15:00-23:00

場所:本と自由(広島市西区横川町3-4-14)

 

← 画像をクリックすると拡大します。


横川創苑 HP

志水児王准教授が参加した、三菱地所アルティアムで行われた「Re Actions 志水児王 堀尾寛太」展関連イベントトークセッションレポートがアップされました。

2018/02/08

志水児王准教授が参加した、三菱地所アルティアムで行われた

「Re Actions 志水児王 堀尾寛太」展関連イベントトークセッションレポートがアップされました。

 

以下のURLよりご覧いただけます。

http://artium.jp/nandr/report/20180126_7482/

 

モデレーター 鈴田ふくみ(三菱地所アルティアム 学芸員)

司会 城一裕(九州大学芸術工学研究院准教授)

畠中実 NTT(インターコミュニケーションセンター[ICC]主任学芸員)

志水児王(アーティスト)

堀尾寛太(アーティスト)

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


三菱アルティアム HP

諏訪敦研究室特別講義「篠田教夫 鉛筆画の臨界点」成果展が月刊美術2018年2月号に掲載されています。

2018/01/23

641諏訪敦研究室特別講義 「篠田教夫鉛筆画の臨界点」成果展

 

2018年1月27日(土)-2月10(土) 日曜休廊

AM 11:00-PM 6:30 (last day PM 4:00まで)

 

東邦アート

東京都港区芝公園3-1-14 FLEX芝公園1階

 

← 画像をクリックすると拡大します。


東邦アート HP

諏訪敦研究室特別講義「篠田教夫 鉛筆画の臨界点」成果展

2018/01/23

641諏訪敦研究室特別講義 「篠田教夫鉛筆画の臨界点」成果展

 

2018年1月27日(土)-2月10(土) 日曜休廊

AM 11:00-PM 6:30 (last day PM 4:00まで)

 

東邦アート

東京都港区芝公園3-1-14 FLEX芝公園1階

 

主催:諏訪敦 篠田教夫

 

出品: 岡本 実佳枝・熊野 和輝・畠中 彩・深田 亮弥・松尾 奈保・定村 瑶子・小山 晃生・松本 凌介・王 子駿・仲塚 玲史・Le Mette Adeline

 

賛助出品: 篠田 教夫・赤木 範陸・飴本 崇久・井原 信次・長坂 誠・向川 貴晃

 

広島市立大学 芸術学部 641諏訪敦研究室では、数年来、外部からアーティスト、身体表現者、ミュージシャン、学芸員、美術批評家など、多様なアートに関わる大人たちを招聘し直接触れる機会を提供し続け、この程14回を数えるに至りました。 今回は、超絶技巧といわれる一群のアーティストの中でも、鉛筆画として超人的な精度で知られる篠田教夫さんを特別講師に招き、11人の学生たちに、その未公開だった技を直接伝授する機会を設けました。実は篠田教夫さんにとっても“教える”という機会は初めてのことで、教場には異様な熱気が生まれました。 本展はその成果展ではありますが、鉛筆画を再考する機会でもあります。そこで、本学ゆかりの若手作家の新作、併せて篠田さんと私の道具も展示いたします。 諏訪敦

 

← 画像をクリックすると拡大します。


東邦アート HP

油絵専攻の卒業生がグループ展に参加します。

2018/01/16

「新春期待の若手作家展」

 

井上有里 柄本薫 小野智佳子 

友清大介 松永瑠利子 行晃司(五十音順)

 

2018年1月25日(木)-2月3(土) 日曜休廊

AM 11:00-PM 6:00 (last day PM 5:00)

 

Gallery ARK 横浜市中区吉浜町2-4 AXIS元町ビル1階

 

← 画像をクリックすると拡大します。


Gallery ARK HP

油絵専攻博士後期課程の青原恒沙子の個展が開催されます。

2017/11/28

青原恒沙子 個展「camera obscura(暗い部屋)」

 

会期:2017/12/8~12/16 11:00~20:00(最終日~17:00)

 

オープニングパーティー: 12/8(金) 19:00〜 どなたでもお気軽にお越しください。

 

場所:ギャラリー交差611 〒730-0015, 広島県広島市中区橋本町6-11 www.intersection611.net  

 

 

この度、広島で一年半振りとなる青原恒沙子個展を開催します。展覧会名の「カメラ・オブスクラ」とは、カメラの語源にあたる言葉で、ラテン語で「暗い部屋」を意味します。また、カメラ・オブスクラというものは、暗い部屋に一点だけ空いた穴から通る光によって、外の風景が投影される装置、もしくはは現象を指します。  今回は、暗い部屋から見るような、光に滲んで映る風景を表現したペインティング作品を中心に展示いたします。窓の外の風景や、木漏れ日の隙間から見える風景、もしくはトンネルの向こうの風景は、光に溢れていて、どこか遠い。(青原恒沙子)

 

← 画像をクリックすると拡大します。


油絵専攻博士前期課程の田中鵬一の個展が開催されます。

2017/11/21

『田中鵬一個展 「Boundary Shift/造られたおきて」』

 

会 期   2017/12/7(木)-12(火)

時 間 11:00-19:00(最終日は17:00まで)

 

アートギャラリー 横川創苑

〒733-0011 広島県広島市西区横川町3丁目11−12

 

 

田中鵬一 Houichi Tanaka

1991 中国、吉林省生まれ
2016 広島市立大学芸術学部油絵学科 卒業
2017 広島市立大学大学院芸術学研究科博士前期課程在籍

グループ展
2015 「意識の実像」(横川創苑・広島)

コンペティション
2016 「第12回 TAGBOAT AWARD」入選

 

← 画像をクリックすると拡大します。


アートギャラリー 横川創苑 HP

油絵専攻修了生の山田航平の個展が開催されます。

2017/11/21

『山田航平個展「イミテーションとタイポロジー」』

 

会 期   2017年12月5日(火) −  12月22日(金)

時 間 11:00〜19:00

休廊日 土日・祝日

 

オープニングレセプション :12月5日(火)

 

木之庄企畫

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-7-4 清水ビル202 tel:+81(0)3-6262-3558 fax:+81(0)3-6262-3559

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


木之庄企畫 HP

油絵専攻修了生の山本大也の個展が開催されます。

2017/11/07

『山本大也展 空間侵蝕』

 

会 期   2017年11月10日(金) −  12月1日(金)

時 間 12:00〜19:00 (最終日は17:00まで)

休廊日 日曜日・月曜日・祝日

 

イベント 11月11日 (土) 

17:00より山本大也によるギャラリートークを開催します。

 

出展者 山本大也

 

 

お問い合わせ先 REIJINSHA GALLERY 

〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-2 みつわビルB1

(東京メトロ銀座駅B3 出口より徒歩1分。1階は「宝石のミワ」さんです。)

TEL:03-6215-6022 /FAX:03-

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


REIJINSHA GALLERY HP

博士前期課程1年の松本凌介がグループ展に参加します。

2017/10/31

『山本冬彦推薦作家によるーCDジャケット展』

 

 

会期:2017年11月23日|木|- 12月2日|土|日曜休廊

am11:00-pm6:00(last day pm5:00)

会場:Gallery Ark

柄本薫 甲斐秀幸 加藤寛史 菊池美咲 寺坂安里

林浩美 原野金一郎 松本凌介 宮地明人 (五十音順)

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


Gallery Ark HP

准教授の志水児王と講師の中野渡尉隆によるダブル個展が開催されています。

2017/10/10

『企画展 2017- Ⅴ

 志水児王|threshold ・ 中野渡尉隆|霧/層』

 

会期:2017年9月30日|土|- 11月5日|日|

開館時間:11:00 - 18:00(最終入館は17:30)

会場:アートギャラリーミヤウチ 2・3F展示室

休館日:火・水曜日

観覧料:一般500円[400円] 学生300円 

*どちらの個展もご覧いただける共通券 *[ ]内は10名以上の団体料金、高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団

協力:MISA SHIN GALLERY

 

アートギャラリーミヤウチ

738-0034 広島県廿日市市宮内4347-2 Tel: 0829-30-8511 Fax: 0829-39-8931 E-mail: info@miyauchiaf.or.jp

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


アートギャラリーミヤウチ HP

佐藤美術館 第26回奨学生展に博士後期課程の青原恒沙子が参加します。

2017/10/10

『第26回奨学生美術展』

 

会期:2017年9月16日(土)~10月29日(日)

入場料: 無料

開館時間: 10:00~17:00 (金曜のみ~19:00まで)

休館日: 月曜日 

*9/18(月・祝日)、10/9(月・祝日)は開館 翌日が休館

出品作家: 佐藤国際文化育英財団第26期奨学生17名 

     招待作家2名 特別出品1名 計20名   

 

公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館

〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10 TEL.03-3358-6021 FAX.03-3358-6023

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


佐藤美術館 HP

野呂山芸術村油彩画展 2017が開催されます。

2017/10/10

『野呂山芸術村油彩画展 2017』

 

飴本崇久 石田淳一 加藤望 亀山裕昭 下薗博昭 白石義和 友清大介 野間俊博 向井陽子 向川貴晃 森永昌司(50音順)

 

会期:平成29年10月7日(土曜日)~平成29年12月3日(日曜日)

会期中の土・日・祝日    

9時00分~18時00分   (11月・12月は9時00分~17時00分)

 

会場 :野呂山レストハウス (呉市川尻町板休5503-143)

 

お問い合わせ:野呂山芸術村事業実行委員会

       (呉市川尻まちづくりセンター内)

        ☎(0823)87-3311

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


呉市 HP

油絵専攻修了生がグループ展に参加します。

2017/10/10

『Four Colors Exhibition vol.2』

 

飯島二朗 ・ 亀山裕昭 ・ 寺尾佳子 ・ 長坂誠

 

会期:2017年10月5日(木)~10月20日(金)

11:00~18:00 ( last day ~17:00 )日祝休廊

 

会場 :新生堂

住所 :〒107-0062 東京都港区南青山5丁目4番30号 03-3498-8383

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


新生堂 HP

諏訪敦「2011年以降/未完」が三菱地所アルティアムにて開催されます。

2017/10/03

諏訪敦「2011年以降/未完」

 

2017年10月7日(土) − 11月5日(日)

10:00 - 20:00

休館日 10月17日(火)

 

会場 :三菱地所アルティアム(イムズ8F)

〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F

TEL. 092-733-2050(10:00 - 20:00)

 

入場料 :一般:400(300)円  学生:300(200)円

 

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


三菱地所アルティアム HP

【641特別講義】写真家小原一真による講演会を行ないます。

2017/7/25

『第15回641諏訪敦研究室 特別講義 小原一真講演会』

 

2017年7月26日

18'00~20:00

 

会場 :広島市立大学 芸術学部棟3階演習室

 

小原一真

1985年、岩手県生まれ。フォトジャーナリスト。KEYSTONE(スイスフォトエージェンシー)パートナーフォトグラファー。宇都宮大学国際学部で産業社会学を専攻。金融機関の営業職として働く傍ら、DAYS JAPANフォトジャーナリスト学校に通う。2011年の東日本大震災直後に会社を退職し、東北沿岸部の取材を開始。福島第一原発内部の写真を撮影した写真はヨーロッパを中心に幅広く紹介された。その後、原発作業員のポートレートを撮影し2012年には写真集「Reset Beyond Fukushima」がスイスのLars Muller Publisherから出版される。同時期にスイスのフォトエージェンシーKEYSTONEと契約。2014年には太平洋戦争下で空襲の犠牲者となった子どもたちのその後を追った「silent histories」を手製写真集として自費出版。同写真集はParis Photo First photobook Award shortlistの他、米TIME紙、英Telegraph紙、Lens Cultureなど様々な媒体でBEST PHOTO BOOKS 2014に選ばれる。同写真集は2015年11月に普及版としてメキシコの出版社Editorial RMより1900部出版された。 2015年1月よりLondon College of Communication MA Photojournalism and Documentary Photographyで学びながら、ウクライナのチェルノブイリで長期プロジェクトに取り組む。ウクライナで行われたプロジェクト「Exposure」は世界報道写真コンテスト2016の「people」カテゴリーで1位を受賞。

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


小原一真 HP

北海道立函館美術館『ニッポンの写実 そっくりの魔力』に諏訪敦が参加します。

2017/7/12

『ニッポンの写実 そっくりの魔力』

 

会期:2017年6月10日(木)~8月20日(日※期間中の開催日:7月18日(火)、月曜を除く(7月17日は開館))

9:30~17:00(入場は16:30まで)

 

会場 :北海道立函館美術館

住所 :北海道函館市五稜郭町37-6 0138-56-6311

 

観覧料

一般 1100円

高大生 600円

中学生 300円

※小学生以下は要保護者同伴。団体料金(10名以上)、リピーター割引、親子割引等あり

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


『ニッポンの写実 そっくりの魔力』特設ページ

助教の向川貴晃がグループ展に参加します。

2017/7/4

GOTHⅡ~受胎

 

会期:2017年7月20日(木)~8月6日(日)

平日12:00~19:00/土日 12:00~17:00

 

会場 :ヴァニラ画廊

住所 〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F ヴァニラ画廊 ヴァニラ・スタジオ株式会社

 

展示室A (入場料500円AB共通)

 

【参加アーティスト】 H.R. ギーガー / 池谷友秀 / エリザベス・マクグレイス / GENk / shichigoro-shingo / フィリシアン・ロップス / フリークス・サーカス / マイケル・ロズナー / 向川貴晃 / 森馨 協力 : ギャラリールシファー

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


ヴァニラ画廊 HP

広島市立大学大学院4期生による2人展が開催されます。

2017/6/27

「Slow and Sure」湯浅ひろみ、野村幸恵二人展

 

会期:2017年 7月 10日(月) ~ 2017年 7月 15日(土)

11:00~18:00 (最終日17:00まで)

 

会場 :画廊宮坂

東京都中央区銀座7-12-5 銀星ビル4階

TEL: 03-3546-0343

 

入場無料

 

湯浅ひろみと野村幸恵の2人展です。広島市立大学大学院(油絵)4期生の二人です。

今回、湯浅は油彩画や黄金背景テンペラなどの作品を、野村は鉛筆による作品を展示する。

「Slow and Sure」は「急がば回れ」または「ゆっくりと確実に」という意。急がずに地道各自制作を自分のこだわりと時間リズムで追究していくという展覧会名の意図のように、隔年ですが第5回目を迎えることができました。

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


湯浅ひろみ HP

油絵専攻卒業生の松村卓志による油彩画展が天満屋広島八丁堀にて開催。

2017/6/23

「松村卓志 油彩画展」

 

 

会場 : 天満屋広島八丁堀 7階美術画廊

会期 : 6月21日(水)〜26日(月) 10時〜19時半(最終日は16時まで)

 

1976年広島に生まれる。

1999年広島市立大学 芸術学部油絵専攻 卒業。

2002年第1回ビエンナーレKUMANOTO-熊本文化協会賞受賞。

 

現在、筆の里工房 美術研究員。やさしいまなざしで描く人物、動物、花などの人気の油彩画を展観。

 

← 画像をクリックすると拡大します。


天満屋広島 HP

公益財団法人佐藤国際文化育英財団奨学生に、博士後期課程の佐藤麗生が選ばれました。

2017/04/19

公益財団法人佐藤国際文化育英財団 平成29年度第27期奨学生に、博士後期課程3年の佐藤麗生が選ばれました。

 

 

公益財団法人佐藤国際文化育英財団は、美術に関する創造及び調査研究活動に対する助成、美術を専攻する学生への奨学援助、美術館の運営などを目的として1990年に設立いたしました。

 

 活動のなかで大きな柱となっておりますのが奨学援助事業です。1991年よりスタートしたこの事業は、全国の美術系大学(指定校)より推薦を受けた邦人学生と留学生の応募者のなかから、厳正な審査により選ばれた17名の学生に2年間にわたり奨学金を支給するものです。

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。

 

佐藤美術館 HP

作家 古井由吉 × 装幀者 菊地信義 × 画家 諏訪敦

2017/6/16

『楽天の日々』出版記念展
作家 古井由吉 × 装幀者 菊地信義 × 画家 諏訪敦

 

株式会社 ナカジマアート

住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-9 アベビル3階
TEL: 03-3574-6008


2017年7月11日(火)~24日(月) 
11:00-18:30 ※会期中無休


本展は、現代日本最高峰の作家である古井由吉氏の最新エッセイ集『楽天の日々』(キノブックス)の刊行を記念して開催。同書の装画として、本学の諏訪准教授によって描かれた古井由吉氏の肖像画をはじめ、約 15 点が展示される。
これらの作品は、もともと新聞に連載された古井氏のエッセイの挿絵として描かれたもの。数点を除いてほとんどが毎回、古井氏の原稿が送られてきてから約三日間で制作されたという。
同書には、古井氏が『諏訪敦絵画作品集 どうせなにもみえない』(求龍堂)に寄稿した「写実ということの底知れなさ」も収録されている。
諏訪准教授の作品の他、古井氏の原稿、読者を誘う企みに満ちた装幀で名高い菊地信義氏によるカバーデザインを併せて展示。作家、装幀者、画家の協業による書籍造りのプロセスが垣間見られる。

 

〈書籍概要〉 古井由吉著 『楽天の日々』 

発行:キノブックス
2017年7月11日発売予定。

上製、四六判、400ページ。本体価格2,400円(税別)。

現在日本最高峰の作家による百余扁収録の最新エッセイ集。

短編小説「平成紀行」併録。

装画:諏訪敦、装幀:菊地信義。


博士後期課程の木須悠太がグループ展に参加します。

2017/6/13

「はりとふで展」

 

会期:2017年 6月 26日(月) ~ 2017年 7月 2日(日)

10:30~19:30 (初日は11:00から、最終日17:00まで)

 

会場 ギャラリー風

福岡市中央区天神2丁目8-136 新天町北通り

TEL: 092-711-1510 

 

入場無料

 

福岡教育大油彩画研究室と銅版画研究室の学生による合同展です。

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


助教の向川貴晃がグループ展に参加します。

2017/6/13

「血とバラ」

 

会期:2017年 6月 24日(土) ~ 2017年 7月 4日(火)

11:00~19:00 (最終日17:00まで)

 

会場 :スパンアートギャラリー

東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル 1F

TEL: 03-5524-3060

 

入場無料

 

<参加作家>

東逸子・金子國義・木村龍・清水真理・杉本一文 赤色メトロ空山基・多賀新・建石修志・Toru Nogawa・衣 林由紀子・古川沙織・松島智里・森馨・向川晃貴・山本タカト

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


スパンアートギャラリー HP

非常勤助教の長坂誠がグループ展に参加します。

2017/6/6

「アグライア(輝き)展」

 

会期:2017年 6月 8日(木) ~ 2017年 6月 17日(土)

会場 :Gallery ARK 〒231-0024 横浜市中区吉浜町2-4 AXIS元町ビル1F

TEL: 045-681-6520 11:00~18:00 (最終日17:00まで) 入場無料

 

<参加作家>

大谷郁代  草間奈瑠美  佐藤陽也  菅澤薫  鈴木愛弓  長坂誠  平林孝央  松永瑠利子  (五十音順)

 

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


Gallery ARK HP

助教の向川貴晃がグループ展に参加します。

2017/6/6

「永遠の幻想・美の幻影」

 

会期:2017年 6月 17日(土) ~ 2017年 6月 25日(日)

会場 :ROPPONGI STRIPE'S SPACE 六本木ストライプスペース 東京都港区六本木5-10-33 ストライプハウスビル 1F, B1

TEL: 03-3405-8108 11:00~19:00 (最終日17:00まで) 入場無料

 

<参加作家>

(平面) 浅野勝美、浅野信二、味戸ケイコ、東逸子、アルフォンス・イノウエ、伊豫田晃一、勝国彰、 金子國義、北川健次、北見隆、清田範男、桑原聖美、合田佐和子、今道子、高田美苗、野中ユリ、 多賀新、建石修志、林由紀子、牧田恵実、町野好昭、松島智里、向川貴晃、山本タカト ハンス・ベルメール、S・F=ゾンネンシュターン、H・ヤンセン

(立体) 木村龍、土井典、林美登利、マンタム、宮崎郁子、森馨

 

 

 

【主催・問い合わせ】

スパンアートギャラリー

〒106-0032

東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル

tel. 03-5524-3060

 

← 画像をクリックすると拡大します。


スパンアートギャラリー HP

手嶋 勇気 個展『THE GREAT MOTHER』

2017/6/1

手嶋 勇気 個展 『THE GREAT MOTHER』

 

会期: 2017.6.17(土)〜30(金)

17(土).18(日).24(土).25(日).30(金)は13:00〜19:00オープン

 

その他平日は予約制になります。

 

会場: Gallery Node 広島県 広島市 東区 光町 2-2-1F .

詳しくはgallerynode@gmail.comまで、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


Creative lab node Hiroshima、Facebookページ

志水児王准教授がデンマークのサウンドアートフェスティバルに参加します。

2017/5/30

"Sound Mark" Struer in Denmark

 

 

2017年6月2〜17日

 

参加アーティスト : Alejandra Salinas & Aeron Bergman、Den Usynlige By、Frode Gundorf Nielsen、hans sydow、jacob kirkegaard、Jacob Kreutzfeldt、jakob bro、Jens Settergren、jio shimizu、kristoffer akselbo、Marybelle Katastrophy、mike sheridan、Peter Albrechtsen、steve roden

 

← 画像をクリックすると拡大します。


Struer Tracks HP

博士後期課程 宍戸良の個展が開催中。

2017/5/23

Gセレクション宍戸良個展「絵画のようなもの」

 

 

会場 :galleryG〒730-0012 広島市中区上八丁堀4-1公開空地内

会期 : 2017.5.23(tue)-28(sun) 

11:00-20:00 (last day-16:00)

 

宍戸良

広島県出身

広島市立大学大学院芸術学研究科博士後期課程在学中

 

個展

「ときしらず」Lapis Gallery 2015 広島

 

グループ展

「Time Paint & Limbo」Gallery キヲクの空箱 2013 広島

「Places We Seek」旧日本銀行広島支店 2015 広島

 

受賞

第23回三菱商事アート・ゲート・プログラム 2014年

第25回三菱商事アート・ゲート・プログラム 2014年

第26回三菱商事アート・ゲート・プログラム 2015年

第29回三菱商事アート・ゲート・プログラム 2015年

第30回三菱商事アート・ゲート・プログラム 2016年

 

← 画像をクリックすると拡大します。


Gallery G HP

第9期生中野淳也の個展が開催されます。

2017/5/2

「中野淳也展ーまほろばー回帰」

 

 

会場 : 高島屋大阪店6階ギャラリーNEXT

会期 : 5月3日(水・祝)〜9日(火) 10時〜20時(最終日は16時まで)

 

中野淳也

1983  奈良県に生まれる

2008  広島市立大学修了制作展(広島市現代美術館)プリ・ラ・ジュネス賞受賞    

    広島市立大学大学院芸術学研究科修了

2009  第9回 RUBICON展(東邦アート・天満屋八丁堀)    

2010  息吹展(画廊大千)(~16)    

    第10回 RUBICON展 (フジヰ画廊・天満屋八丁堀)         Galapagar 研究会結成    

    Insel(アートもりもと)(~11)    

    光の肖像展(ロンドンブルネイギャラリー)

2011  広島市立大学洋画選抜展(八千代の丘美術館)    

    個展 MEMENTO(画廊大千)    

    光の肖像展(三良坂平和美術館)

2013  Galapagar(海友舎)    

    清風会芸術奨励作品展(廿日市記念病院)

2014  個展 光のエチュード(大阪髙島屋)    

     Galapagar(画廊大千)(~16)

2017  個展 まほろば 回帰(大阪高島屋)

 

← 画像をクリックすると拡大します。


高島屋大阪店6階ギャラリーNEXT HP

油絵専攻のスタッフの飴本崇久がグループ展に参加します。

2017/5/2

「メルヴェイユ展 vol.X」

 

メルヴェイユとは「賞賛するもの」の意。具象系洋画の明るい希望を予感させてくれる10作家をセレクトした春恒例のグループ展です。どうぞご高覧下さいますようご案内申し上げます。

 

 

会場 : ARTONE(ギャラリーアルトン) 〒107-0062 東京都港区南青山3-8-13 tel 03-5411-5211 http://www.gallery-artone.com

会期 : 2017年5月8日(月)〜20日(土)月-土 AM11:00-PM6:00 日曜休

 

← 画像をクリックすると拡大します。


ギャラリーアルトン HP

助教の向川貴晃がグループ展に参加します。

2017/4/25

「村崎百郎uma未確認生物展」

静岡県の伊東にある「まぼろし博覧会」に 「村崎百郎館/未確認生物博覧会」が設営されて3年。 ”鬼畜ライター”故村崎百郎の妻=私の視点から描いた 新作漫画「私の夫はある日突然殺された」発表と連動して、 横浜中華街ギャラリーソコソコで「村崎百郎館/未確認生物博覧会」に 作品を展示している作家達による企画展を開催します。

 

 

●会場 横浜元町中華街・ギャラリーソコソコ

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町81-6 TEL:045-232-4980 みなとみらい線「元町・中華街駅」 3番出口から徒歩2分 https://socosoco.jimdo.com/

 

●会期 2017/4/28~5/7 11:00~20:00(最終日のみ19時まで)

 

●参加作家(50音順) 愛実・大石容子・太田翔・京極夏彦・さちこ neqro・根本敬・林美登利・雛菜雛子 骨オヤジ・マンタム・向川 貴晃・森園みるく

 

← 画像をクリックすると拡大します。


ギャラリーソコソコ HP

「横川ふしぎ市」で元研究生の石川真がワークショップを開催します。

2017/4/19

【4/23(日)はふしぎ市】

横川創苑で石川真さんを講師に「オリジナル怪人をつくろう!」というワークショップを開催!

いろんなパーツをコラージュします。

参加費100円。

 

第22回横川ふしぎ市は4/23(日)10:00-16:00予約不要ですが、先着順となりますのTEL/で材料がなくなり次第終了となります。

併せて4/23(日)-5/2(火)までは石川真さんの特設展示コーナーもあります。

横川創苑:広島市西区横川町3-11-12

TEL FAX:082-232-1337

 

← 画像をクリックすると拡大します。


横川創苑 HP

鬼ノ城塾に、諏訪敦准教授が登壇します

2017/04/19

 

□日 時 平成29年4月22日(土)15時~18時

□教 室 鬼ノ城ゴルフ倶楽部クラブハウス2階(隈研吾設計)

□講 師 諏訪敦:画家

□内 容 講義

     テーマ「徹底性をもとめて、調べ上げること描くこと」

□塾 費 無 料

 

鬼ノ城塾は岡山県総社市阿曽の鉄師である林正実が、古来吉備津神社とも関係の深かった阿曽の鋳物の再興を、アートとのコラボレーションによって実現できないかと考え、平成13年4月に発足させました。 以来、古代山城・鬼ノ城の麓にある鬼ノ城ゴルフ倶楽部のクラブハウス(隈研吾さん設計)を教室として、会田誠さん・山口晃さん・名和晃平さん・ヤノベケンジさん・小谷元彦さん・束芋さんといった最先端の現代美術家を中心に、隈研吾さん・西沢立衛さん・石上純也さんといった建築家、南條史夫さん・秋元雄史さんといった美術館長、写真家の安齋重男さん、美術批評家の椹木野衣さんなどの多彩な講師を総社の山中にお招きしてまいりました。画家の諏訪敦さんを講師に予定している4月講座が、通算で98回目となります。

 

鬼ノ城塾 HP

佐藤尉隆研究室 「翻訳ゼミ “Memory Drawing”」 成果展が開催されます

2017/3/22

佐藤尉隆研究室「翻訳ゼミ“Memory Drawing”」 

ー記憶から描くための訓練法ー が開催されます。

 

【会期】2017年3月25日(土)〜4月2日(日)

【時間】10時〜18時(最終日は17時まで)

【会場】旧日本銀行広島支店3Fフリースペース4

 

ワークショップ

視覚的な記憶力を高めるために、紙と鉛筆で記憶した図形を描くビギナー向けのエクササイズを行います。

【定員】先着10名

【費用】無料

【時間】3月26日(日)15時〜16時

    4月2日(日)14時〜15時

【会場】旧日本銀行広島支店3Fフリースペース4

 

 

主催:広島市立大学芸術学部 佐藤尉隆研究室

協力:広島市立大学芸術学部

 

← 画像をクリックすると拡大します。

木須悠太展 「- interpretation -」

2017/2/11

芸術学研究科(博士前期課程)造形芸術専攻2年の木須悠太さんが個展を開催します。

『 interpretation 』
日時:2017年2月21日(火) - 2月26日(日) 11:00 - 18:00(最終日は11:00 - 17:00)
場所:

【会期】2017年2月21日(火) - 2月26日(日)

【時間】 11:00 - 18:00(最終日は11:00 - 17:00)

【会場】新天町村岡屋ギャラリー

   (福岡県福岡市中央区天神2-8-237(新天町南通り))

 

← 画像をクリックすると拡大します。

黒瀬陽平氏(美術家、美術評論家) デイスカッションツアー & 特別講義

2017/1/26

 

芸術学部 641諏訪敦研究室企画として、2017年 2月13日(火)

黒瀬陽平氏(美術家、美術評論家、ゲンロン カオス* ラウンジ新芸術校主任講師)をお招きし、全専攻を対象にディスカッションツアーと特別講義を行います。

 

プログラム1 
13:00~17:00
ディスカッションツアー(黒瀬氏が学生有志と卒展3会場をまわりながら、作品講評とディスカッションを行います。)

■ 午後1時、旧日本銀行広島支店からスタート。巡回します。

■ 講評希望者の募集は終了しました。聴講自由。

 

プログラム2
18:00 ~ 19:30
641特講 黒瀬陽平 ~ 現代美術のテリトリー ~


■ 広島市立大学 講堂小ホール
■ 開催日時/2017年 2月13日(火)
■ 開館時間/18:00 ~ 19:30(開場17:30)

■ 対象:芸術学部全専攻 聴講自由
■ 入場料/無料


■ 黒瀬陽平|くろせ ようへい
1983年生まれ。美術家、美術批評家。
ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校主任講師。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。
2010年から梅沢和木、藤城嘘らとともにアーティストグループ「カオス*ラウンジ」を結成し、展覧会やイベントなどをキュレーションしている。
主なキュレーション作品に『破滅*ラウンジ』(2010年)、『カオス*イグザイル』(F/T11主催作品、2011年)、『キャラクラッシュ!』(2014年)、『カオス*ラウンジ新芸術祭2015「市街劇 怒りの日」』(2015年)など。
著書に『情報社会の情念』(NHK出版、2013年)。

 

 

■ 企画運営:広島市立大学芸術学部 641 諏訪敦研究室

 

641 諏訪敦研究室 TWITTER アカウント

青原恒沙子、高瑞雪、七搦綾乃グループ展「虹」

2017/2/11

2月12日からは広島芸術センターにてグループ展。

虹という展覧会名で青原恒沙子、高瑞雪、七搦綾乃の3人が作品を出します。

【会期】2017年2月12日(日)〜2月19日(日)

【時間】11時〜19時

    (クロージングパーティー 2月18日(土)18時〜)

【会場】広島芸術センター

    広島市中区光南2丁目17-1小中ビル1階

 

← 画像をクリックすると拡大します。


広島芸術センター facebook

「光-身近に潜む科学とアート-」

2017/2/11

東広島市立美術館の企画展に、大矢英雄教授、向川貴晃助教、青原恒沙子が参加いたします。

こちらは卒展と同じ開始日で、2月10日からになります。

展覧会テーマは「光-身近に潜む科学とアート-」。

大矢英雄教授、向川貴晃助教は光の肖像展の作品を。

青原はインスタレーション作品を出品予定です。

 

【会期】2017年2月10日(金)〜3月19日(日)

【時間】10時〜17時

【会場】東広島市立美術館

 

 

 

 

← 画像をクリックすると拡大します。


東広島市立美術館 HP

石川真 個展 ―集合ー

2017/2/9

 

石川真 個展 ―集合ー

 

日本画界から油絵へ密航してきた研究生、石川君の 初個展です!

40点の小さなパネルに怪人が集合しています。10日から一部作品が入れ替わって別の怪人たちも来るようです!

小さな怪人たちに会いに来てください 。

← 画像をクリックすると拡大します。

 

■会場:横川創苑(〒733-0011 広島市西区横川町3-11-12)

■会期:2017/2/9(木)~14(火)

■時間:11:00 − 19:00 (最終日のみ17:00まで)

 

横川創苑 HP

安佐動物公園 「広島市立大学芸術学部絵画展」 第2部

2017/2/5

「広島市立大学芸術学部絵画展」

第2部:動物のいる風景/油絵専攻2年生



■ 2月4日(土)〜2月19日(日)
■ 開園時間 午前 9 時から午後 4 時 30 分まで

■ 入園料 大人 510 円

  65 歳以上・小人(高校生および高校生相当年齢)170 円

  ※中学生以下無料
  ※65 歳以上の適用には公的証明書が必要

  毎週木曜日(ただし祝日の場合は開園)

 

読売新聞に取材していただきました。

 

 

 


安佐動物公園のウェブサイトはこちら

「清風会芸術奨励展」にて甲斐杏奈「spring」が受賞。

2016/12/19

 

「清風会芸術奨励展」にて、研究科生の甲斐杏奈「spring」が買上賞を受賞しました。

 

受賞コメント

「春の日差しを浴びながら咲くアネモネを描きました。生命力にあふれ輝く花の姿は美しく、時としてそこに人の姿を重ね合わせます。」


■ 2016年11月30日から12月7日まで、五日市記念病院で展覧されました。

 

■ 五日市記念病院

  〒731-5156 広島県広島市佐伯区倉重1-95

2017 両洋の若眼展

2017/1/9

 

『2017 両洋の若眼展』 が開催されます。

油絵専攻からは学部生の3名が出品しています。

かつて、巨匠による<両洋の眼展>という全国巡回展がありましたが、それに倣って若い画家による<両洋の若眼展>を企画したそうです。
広島市立大学芸術学部で研鑽中の皆様の若々しい両洋(日本画&洋画)の絵画展です。

 

■2017年 1月13日(金)~19日(木) 
■10:30~17:00  
■<出品予定作家>
 日本画; 中橋笑佳、 田原千帆、 安東慶子、 中須賀 愛美
  洋画 ; 小田日奈、 下西ノ園のぞみ、 濱元裕佳
■入場無料
■ 会場:ギャラリーF

     〒735-0023 安芸郡府中町浜田本町4-25
■ TEL・FAX : 082-555-3400

 

ギャラリーF HP

呉医療センター「Love&Smile」展にて、研究科生3名が受賞しました。

2016/12/19

 

 独立行政法人国立病院機構 呉医療センター中国がんセンター

 「Love&Smile」展

■ 2016年11月17日ー2016年12月9日

  研究科生3名が受賞しました!

 

■ 優秀賞(買上賞)

  王 子駿 「海が聞こえる」

  甲斐 杏奈 「remind」

■ 奨励賞
  喜田実可子

 

王子駿 受賞コメント

「私は海辺に行くと心が少し楽になります。今回の作品は、宮島の海を背景にモデルさんを頼みました。写真のままではなく、楽しさ、美しさ、感動が冷めないうちに画面の中に入れました。少女が優しく貝殻を見ている姿は、特別なものを大切に見続ける愛の表現です。この作品を見るたびに海が聞こえるように願っています」

『呉かるた』原画展を開催します。

2016/12/15

 


『呉かるた』原画展を開催します。


■ 2016年12月17日(土)ー2017年5月7日(日)

   会期中の土・日・祝日のみ開館  

■ 入場無料

■ 9:00ー17:00(3月からは18:00まで) 

■ 会場・野呂山レストハウス

  (広島県呉市川尻町板休5503−143)
■ イベント ギャラリートーク/ワークショップ

  2017年3月20日

  持参物は申込時にお知らせします。

  申込方法:川尻まちづくりセンター窓口、または電話にて 

■ ☎0823-87-3311


■ 主催・お問合せ:野呂山芸術村事業実行委員会

  (川尻まちづくりセンター内 ☎0823-87-3311)


仲塚 玲史 個展 「Overlap」

2016/11/30

 

 「色眼鏡で見る」という慣用句が意味するように、私達はしばしば、様々な物事に対し先入観を持って接しています。これは本来の姿を捉える妨げとなりますが、その一方で、フィルターを通してしか見えない景色もあるのではないでしょうか。

  今回の展示は現代と過去の関係性がテーマです。これを可視化するため歴史上の言説や出来事、芸術作品などを私的な観点から収集し、目の前の風景に投射していきました。このように意図してフィルター越しに世界を見る事で、そこにいくらかの像の重なり合いを認めたのです。過去の産物が現在どのような姿で生きながらえているのか、作品達を通してその一端を垣間見ます。

 

■会場:横川創苑(〒733-0011 広島市西区横川町3-11-12)

■会期:2016.12.15(木) − 12.20(火)

■時間:11:00 − 19:00 (最終日のみ17:00まで)

 

横川創苑 HP

「 山本大也 個展 - synchronism - 」

2016/12/6

芸術学研究科生13期修了生、山本大也が作品展を開きます。

トロンプルイユを研究の成果と新作。

 

【経歴】
1986 奈良県生まれ
2010 広島市立大学芸術学部油絵専攻 卒業
2012 広島市立大学大学院芸術学研究科絵画専攻修了

【展示/受賞歴】

2010 障害者支援施設「雅乃郷」作品寄贈 (奈良)
韓・日現代造形展 (ソウルアートセンター公平ギャラリー/韓国)
広島市立大学芸術学部卒業修了作品展 修了制作優秀賞
第3回全国サムホール公募展 優秀賞 (ギャラリーゴールドサロン)
広島市立大学芸術学部卒業修了作品展 三原賞 (広島市現代美術館)
第1回全国サムホール公募展 優秀賞 (ギャラリーゴールドサロン)

 

■会場:かもめのばあばあ 広島市西区横川町1-5-23
■電話082-232-5074
■定休日火曜日

■会期:2016.12.15(木)〜28(水)
■営業時間 10:30~20:00 (展示最終日は19:00まで)

 

かもめのばあばあ HP

 

映画『エヴォリューション』先行上映イベント開催! 原美術館
トークイベント : 諏訪敦 × 岩渕貞哉 美術手帖編集長

2016/11/11

 

詳細 映画『エヴォリューション』11月26日(土)の公開に先駆け、品川区の原美術館で一夜限りの先行上映イベントの開催が決定。上映後のトークゲストには、写実的手法を駆使した精緻な絵画で知られる画家の諏訪敦氏と「美術手帖」編集長の岩渕貞哉氏を迎え“有機的な夢”としての映画『エヴォリューション』を解剖する。 1938年に個人邸として建てられた原美術館は、西洋モダニズム建築と緑豊かな庭が美しい現代美術館。現在は、篠山紀信展「快楽の館」が開催中で、作品は全て同館をロケーションにした、撮り下ろしの新作。壇蜜氏など33名のモデルによるヌード写真で構成され、美術館は「快楽の館」に変貌を遂げている。 今回のイベントでは、映画『エヴォリューション』の上映&トークにあわせ、篠山紀信展「快楽の館」、森村泰昌氏や宮島達男氏、奈良美智氏の常設展示も楽しむことができる。 原美術館で、アートで幻想的な夜を過ごしてみてはいかがだろうか。 映画『エヴォリューション』先行上映イベント at 原美術館 一夜限りの「幻想の館」 見えないものを見る―“有機的な夢”としての映画『エヴォリューション』

 

【日時】2016年11月 23日 (水・祝)17:30開場/18:00開映      映画上映後トーク 20:30頃終了予定

【会場】原美術館ザ・ホール

   (東京都品川区北品川4−7−25原美術館内)

【ゲスト】諏訪敦(画家)、岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)

※当日の映画の上映は、壁面に投影しての上映となりますので予めご了承ください。

※篠山紀信展「快楽の館」は11:00~18:00まで。イベント終了後ご覧いただけませんので、展示をご覧になりたい方は、お早めにお越しください。再入場可。 ※当日はマスコミによる取材が入りますので、あらかじめご了承下さい。

 

映画『エヴォリューション』 HP

「あぶらがくさい」展

2016/11/04

 

大学祭始まりました。
芸術学部棟6階631では、学部生有志による伝統の「あぶらがくさい」展。
写真は下西ノ園のぞみによる大きなドローイング。

 

 

 


■ 会期:2016年11月5日(土)〜6日(日)

■ 午前11時〜午後18時

■ 会場・広島市立大学芸術学部棟6階631

■ 入場料/無料

大谷郁代展 ー パステル・軽さと重さー

2016/11/04

 

【 大谷郁代展 ー パステル・軽さと重さー】


卒業生の大谷郁代さんが個展を開きます。

継続してパステル画によるクラシカルな画面を追求し、注目を浴びる若手です。

 

 

 

 

1981年大阪生まれ。

広島市立大学芸術学部美術学科油画専攻卒業。

シェル美術賞2014 保坂審査員奨励賞とオーディエンス賞。


■ 会期:2016年12月7日(水)〜13日(火)

■ 午前10時30分開店〜午後7時30分閉店

■ 会場・日本橋三越本店 本館6階美術画廊 美術サロン

■ 入場料/無料

■ お問い合わせ Tel:03-3241-3311

新任教員展 志水児王 Diaphanes を開催します。

2016/10/10

 

「新任教員展 志水児王 Diaphanes 」が、広島市立大学 5階 芸術資料館にて開催されます。

准教授として、油絵専攻の仲間に加わりました。

 

今回は「window」という新作が出品されます。

世界規模でリアルタイムにtwitterを監視し、設定した2つのキーワードがつぶやかれた時、発光パネルがそれぞれ点灯する作品です。

■ 10月10日(月・祝) ー 24日(月)

■ 9:00ー18:00 

■ 会場・広島市立大学 5階 芸術資料館

■入場料/無料

■お問い合わせ
 芸術資料館 Tel:082-830-1507 Fax:082-830-1658

■ 展示内容/インスタレーション他 4点


■ 主催・広島市立大学 芸術資料館

笹井孝太展

2016/10/20

 

笹井孝太展

 

広島では4年ぶりの個展となります。宮島を製作活動拠点として活動する笹井孝太の世界。どうぞお誘い合わせの上お越しください。

プロフィール

大阪生まれ、奈良出身、広島市立大学芸術学部卒業、同大学院修了後、宮島にて製作活動を始める。

様々な場で展覧会をしながら10年を経て、現在も宮島にて製作中。

 

■ 10月20〜30日 11時〜20時

■ ギャラリー交差611/Intersection611

  730-0015 Hiroshima
  広島市中区橋本町6-11
  082-222-2504
■ アーティストトーク 10月23日16:00 〜

 

詳細はこちらを ギャラリー交差611 FB

定村瑤子 真下玉女 室星理歩 3人展 “小さな絵と版画たち”

2016/10/12

 

学部3年生が、横川星のみち商店街「本と自由 」にて、3人展を開催します。12点程度の小さな展覧会。

出品者コメント

「ハンドルは握らねえッ! 何処へ行くかもわからない!!」

 

■ 2016.10.19(水)~ 28(金) 23 ~ 24 は定休日

■ 出品者

  定村瑤子 真下玉女 室星理歩

■ 本と自由

  7330011 Hiroshima
  西区横川町3-4-14
  082-233-9239
■ 14:00〜23:00(開場時間が不規則です。下記リンクで要確認)

 

詳細はこちらを 本と自由 FB

『Four Colors Exhibition』展

2016/10/18

 

修了生、助教が、新生堂にて、4人展を開催します。

 

『Four Colors Exhibition』

 

■ 10月19日(水)~11月4日(金) 日・祝休廊

■ 出品者

  飯島二郎・亀山裕昭・寺尾佳子・長坂誠

■ 新生堂 地下会場

  東京都港区南青山5-4-30
■ 11時から18時迄(最終日は17時迄)

 

 

 

 

新生堂 HP

「手嶋勇気 八嶋洋平 二人展」 手嶋勇気、EWAAC 2016 奨励賞を受賞

2016/10/13

 

研究科生の手嶋勇気と、修了生の八嶋洋平による二人展が開催されます。

 

 

■ 会期 2016.10.19 (WED) ~ 24(MON) 最終日は午後4時閉場

■ 会場 天満屋広島八丁堀7階美術画廊    

■ [直通電話]082-246-5606

 

 

 

 

 

なお、手嶋勇気はロンドンのレジデンスを終え、若手アーティスト対象のEWAAC 2016にノミネートされ、奨励賞を受賞しました。

 

ーファイナリスト展ー

「EWAAC 2016  第7回イースト・ウエスト・アート大賞」

■ 会期 2016.10.18 (TUE) ~ 22 (SAT)

■ 会場 La Galleria Pall Mall

 

リンクでファイナリストの作品が見れます。

詳細はこちらを EWAAC 2016

野呂山芸術村油彩画展2016 を開催します。

2016/10/7

 

野呂山芸術村油彩画展2016 

■ 2016年10月15日(土)ー12月4日(日)

   会期中の土・日・祝日のみ開館  

■ 入場無料

■ 9:00ー18:00(11月・12月は17:00まで) 

■ 会場・野呂山レストハウス

  (広島県呉市川尻町板休5503−143)
■ イベント 細密画デッサンワークショップ 

  10/23日(日)13:00ー

  参加費500円,定員20人,

  持参物は申込時にお知らせします。

  申込方法:川尻まちづくりセンター窓口、または電話にて 

■ ☎0823-87-3311

■ 出品者

  石田 淳一 亀山 裕昭 権藤 日香里  下薗 博昭 白石 義和 

  長通 恵  向井 陽子 向川 貴晃 森永 昌司(50音順)

■ 主催・お問合せ:野呂山芸術村事業実行委員会

  (川尻まちづくりセンター内☎0823-87-3311)

青原恒沙子 個展 “It’s already far away.”

2016/10/5

 

galleryGの日韓ギャラリーエクスチェンジ企画として、韓国で海外初個展をします。

 

■ 2016.10.5(水)−9(日)

■ 12:00-19:00

■ 7T gallery (大邱市/韓国)

■ 070 8259 5456

 

 

 

詳細はこちらを Twitter

芸術学研究科修了の行晃司が、初個展を開催します。

2016/9/28

 

芸術学研究科(博士前期課程)造形芸術専攻 2016年修了の行晃司(ユキ・コウジ)が、美術新人賞デビュー2015においてグランプリを受賞し、副賞として、銀座・フジヰ画廊で初個展を開催します。

 

 

■開催日/2016年 9/27(火)- 10/4(火)日曜休
■開館時間/10:00 – 18:00 土曜 11:00 – 17:00


■入場料/無料

■ 会場/フジヰ画廊 住所 東京都中央区銀座6-5-10

■ 電話/03-3571-0095

 

 

 

 

 

 

 

美術新人賞デビュー2015のウェブページはこちら

佐藤美術館奨学生に、青原恒沙子が選ばれました。

2016/9/28

 

公益財団法人佐藤国際文化育英財団 平成 28 年度 第26 期奨学生に、研究科生の青原恒沙子が選抜されました。

東京千駄ヶ谷の佐藤美術館にて、授与式と内覧会が開催されました。

 


 

641 LABO. Twitter

「やわらかい原動力」

2016/8/8

 

やわらかい原動力


私たちの生きる原動力は遠大で特別なものだけじゃない。
例えばそれは糸くずや日の当たる部屋の壁のしみ、

或いはあの子の言ったこと…
小さなときめき、ふとした感情、

そんな「やわらかい原動力」から 

生まれた作品の展示です。

 

■出品作家

 

小田日奈、犬飼紗希、定村瑤子、本多洋子、真下玉女、増田美乃利

■開催日/2016年 9/8(木)- 20(火)※9/14(水)休
■開館時間/11:00 – 19:00(最終日は17:00まで)


■入場料/無料

■ 会場/横川創苑

  広島市西区横川町3-11-12

 

横川創苑 HP

卒業生の井原信次さんが、エッセイの連載を担当

2016/6/21

 

井原信次さんが毎週金曜日に販売される『週間読書人』にて、エッセイ「誰も見ていないから」の連載を担当することになりました。

全国書店等でお求め頂けます。


井原信次

1987年福岡県生まれ。
2010年広島市立大学 芸術学部美術学科油絵専攻 卒業。

2012年東京芸術大学 大学院美術研究科絵画専攻 油画技法・材料研究室 修了。
広島市立大学芸術資料館、ルチアーノ・ベネトンコレクションに作品収蔵。

 

『週間読書人』 HP

青原恒沙子 個展 遠い風景

2016/6/7

 

「passing I」2015、パネル、ミクストメディア H240×W335mm

 

■会期: 2016年7月12日(火)-17日(日)
■時間: 11:00-20:00(最終日は17:00)
■会場: gallery G (広島市中区上八丁堀4-1 アーバンビューグランドタワー公開空地内)
■TEL: 082-211-3260 / FAX: 082-211-3161

 

 

 

詳細はこちらを

留学生交流展 “.com” に中村紗千と吉本芽以、Adeline Le Metté が出品します

2016/6/10

 

交換留学で広島市立大学に来ている留学生と、留学から帰ってきたばかりの学生によるグループ展を開催します。

目的
留学生の作品発表の場の創出
留学生と広島市立大学在学生の交流の場の創出
留学を体験した学生の学習成果発表の場の創出
留学生との継続的な関係作りの第一歩として

動機
去年の留学経験から、語学の問題からくるコミュニケーションのとれなさ、そして作品の発表を通してコミュニケーションが取れるようになる事実、しかし実際には作品発表の機会が少ないという問題を実感しました。これはそのように燻っている留学生が、クラスメイト以外に広く作品発表を通して自己紹介をする機会、そして留学から帰ってきたばかりの勢いのある学生たちの作品を発表する場を創出することで、広くコミュニケーションをとることができる場を設けます。また他の在学生にも留学に興味を持ってもらう良いきっかけになると思っています。

 

日時      : 6/27(月)~7/1(金) 11:00~18:00 
搬入・搬出   : 搬入6/25(土)・26(日) 搬出7/2(土)
場所      : 広島市立大学5F芸術資料館展示室 
イベント    : 参加作家によるギャラリートークの開催
6月27日(月)18:00~

参加作家 留学経験者計14人

代表 :広島市立大学芸術学部博士後期課程3年園田昂史
主催 :広島市立大学芸術学部国際交流委員会

博士後期在籍/手嶋勇気 個展 「album」

2016/6/7

 

手嶋勇気 個展「album」


■会期:2 0 1 6 年 6/18(土) - 30(木)
■開館時間:18(土)19(日)、25(土)26(日)、30(木)は13:00 - 19:00オープン。
その他はメールでの予約制です。

ギャラリーまでお気軽にご連絡ください。
■会場:GALLERY NODE (Creative lab node)

広島市東区光町2-2-1-1F
gallerynode@gmail.com
■入場無料

釣谷幸輝展

2016/5/31

 

6坪企画展のお知らせ。

 

■会期:2016年6月4日(土曜日)–6月12日(日曜日)

    ※6/4,5は作家在廊
■開館時間: 11 : 0 0 - 1 8 : 0 0(土曜日は16時まで)
■会場:ギャラリー6坪

     新潟県十日町市稲荷町3丁目南2−1
     TEL.025-757-9262

 

Kouki TSURITANI Profile

1992 金沢美術工芸大学 大学院 美術工芸研究科 修了

2015 アワガミ国際ミニプリント展  準大賞

2010 第73回英国木口木版画協会展(協会海外部門賞)

2006  Intercontinental Biennial of Small Graphics INTER-ART

            (アルバ/ルーマニア) Ⅰ-st Prize

 

※ギャラリー6坪での個展は 2005、07、 09、11、13に次いで6回目となります。

 

ギャラリー6坪 HP

院生有志による、アートイベント リバーサイド・アークが開催されます。

2016/4/26

 

リバーサイド・アーク

 

■会期:2016/5/3(火・祝)ー5/8(日)

会場 A:横川創苑 11:00〜19:00(最終日は17時まで)

会場 B:本と自由 14:00〜23:00 広島市西区横川町3-4-14

会場 C:横川胡子神社

  5/6(金)ー5/8(日) 11:00〜18:00(7日のみ15:00まで)

■入場無料

 

■出品者:青原恒沙子、足立陽子、石川真、木須悠太、権藤日香里      佐藤麗生、田辺貴之、同道禎絵、土路奈美穂、長通恵

 

■ 問合せ:佐藤麗生(代表)

      satoureo1817(あっとまーく)gmail.com

 

641LABO Twitter アカウント

横川創苑 HP

 

この度、広島市立大学芸術学研究家油画専攻の院生を中心として、横川にて絵画のグループ展、及び出張カフェを行うこととなりました!

会場は3カ所に分かれており、それぞれ異なった雰囲気の会場で作品を楽しめるようになっております。会場によって営業時間や日程が異なっていますので、お越しになられる際はくれぐれもご注意ください! また、今回横川で開催される本企画「リバーサイド・アーク」は、同じく5月3日から平和大通りで始まるグループ展「つぼみ祭り」との共同開催となっております。

つまり合計5会場! 会場毎にスタンプラリーもございまして、全て集められた方にはささやかながらプレゼントもご用意しております。ぜひぜひお友達も誘ってご参加ください。

 

■共同開催企画「つぼみまつり」(日本画専攻3年生主催)

 KOMACHI ART PLECE ギャラリーSORA

 2016/5/5(火・祝)ー5/8(日)

 11:00〜19:00(最終日は18:00まで)

進級展 - 市大油画科 22th -

2016/4/20

 

油絵専攻22期生有志による展示です。

 

■会期:2 0 1 6 年 5 月 1日 (日 ) -5 月8 日 ( 日 )
■開館時間: 10 : 0 0 - 17 : 0 0(初日12時〜、最終日16時閉場)

■会場:旧日本銀行広島支店
 〒730-0036 広島市中区袋町5-16

【アクセス】
 JR広島駅から広島電鉄1号線にて袋町電停下車1分
 広島バスセンターより徒歩8分

NHK ETV特集 忘れられた人々の肖像 ~画家・諏訪敦 “満州難民”を描く~

2016/4/1

諏訪敦准教授の制作を追った番組が放映されます。

NHK ETV特集 忘れられた人々の肖像 ~画家・諏訪敦 “満州難民”を描く~

 

【放映日】4月2日土曜日 23時~
【 再放送】月曜日 4月9日土曜日0時~ (金曜日深夜)

 

The documentary program about Atsushi Suwa will be on air following date. Gallery Naruyama exhibits artworks and materials relating this documentary. Portraits of People in Oblivion “The Manchurian Refugees” painted by Atsuhi Suwa On ETV

April 2nd (SAT) from 23:00

Rebroadcast : On April 9th (SAT) from 0:00

 

NHK ETV特集 URL

釣谷幸輝 版画展

2016/4/4

 

釣谷幸輝講師の金沢で2年振りとなる個展です。

 

■会期:2 0 1 6 年 4 月 23 日 (土 ) -5 月8 日 ( 日 )
■開館時間: 11 : 0 0 - 1 8 : 0 0
■休廊日:水曜日
■会場:ガレリア ポンテ

住所 : 〒921-8031石川県金沢市野町1-1-44
Tel : 076-244-6229
Fax : 076-244-6229
Mail : galleria_ponte@nifty.com

 

ガレリア ポンテ HP

博士後期在籍/手 嶋 勇 気 絵 画 展 : ラ イフド ロ ー イング

2016/3/11

 

T E J I M A Y u k i E x h i b i t i o n : L i f e D r a w i n g

手 嶋 勇 気 絵 画 展 : ラ イフド ロ ー イング

■会期:2 0 1 6 年 3 月 1 1 日 ( 金 ) - 3 月 2 3 日 ( 水 )
■開館時間: 1 2 : 0 0 - 1 8 : 0 0 ( 最 終 日 1 7 : 0 0 ま で )
■休館日:17日( 木 ) 定 休 日
■会場:ANCHORET www.anchoret.jp

広島市中区土橋2-43 101-2 ※ 駐 車 場 は ご ざ い ま せ ん の で 、公 共 交 通 機 関 かお 近くの パ ー キ ング をご 利 用くだ さ い
■入場無料

 

ANCHORET HP

博士後期在籍の手嶋勇気が、文化みやうち芸術振興財団が運営する、
「スタジオピンクハウスのメンバーによる作品展」に参加します。

2016/1/13

 

スタジオピンクハウスのメンバーによる作品展&オープンスタジオ

出品作家:諫山元貴、手嶋勇気

公益財団法人みやうち芸術文化振興財団が運営するプログラムに参加します。

 

■会期:2016年2月13日|土| - 3月13日 |日|
■開館時間:11:00 -18:00|最終入館は17:30まで|
■休館日:火・水曜日
■会場:2F展示室、スタジオピンクハウス
■入場無料

■オープニング・レセプション:

 2016年2月13日|土| 18:00- *どなたでも参加可能

■オープンスタジオ
会期中、下記の日程で制作現場であるスタジオピンクハウスに作家が滞在し一般公開をします。何かしらの都合上、急遽公開できない、あるいは別日に公開する可能性もあります。ご了承ください。
2月13日|土|・21日|日|・22日|月|・3月6日|日|・7日|月|・13日|日|
公開予定時間:13:00-18:00

 

公益財団法人みやうち芸術文化振興財団 HP

喜田 実可子 絵画展 「material」

2016/2/10

 

喜田 実可子 絵画展「material」


■会期:2016.3.1(tue)-3.6(sun)
■時間:11:00~19:00(最終日 ~18:00)
■場所:gallery 718

[交通]広電本通駅から徒歩5分広島市中区袋町7-18 (2F)

 

ギャラリーHP

野間薫 銅版画展ー旅のゆくえー

2016/1/13

 

野間薫 銅版画展ー旅のゆくえー


■会期:2015年12月23(水)〜12月29日(火)
■時間:11:00~18:30(最終日~16:30)
■場所:ギャラリー惣

〒104-0061東京都中央区銀座7-11-6徳島新聞ビル3F
Tel:03-6228-5507

版画工房スタッフの野間薫さんが、展示を致します。

 

略歴

2007年 多摩美術大学美術学部絵画学科版画専攻卒業

2013年 第4回NBCメッシュテックシルクスクリーン国際ビエンナーレ佳作

2013年 第12回浜松市美術館版画大賞展 入選

2014年 第13回南島原市セミナリヨ現代版画展 入選

2014年 第3回 FEI PRINT AWARD  「求龍堂」賞

   2014年 イギリス ロンドン The ArtGemini Prize 2014 ファイナリスト

2015年 第14回南島原市セミナリヨ現代版画展 入選

2015年 第20回アートムーブコンクール2015 賞候補

      2015年 10th Biennial International Miniature Print Exhibition 2015 (U.S.A) 

広島市立大学油画共同研究室 版画工房アシスタント

 

ギャラリーHP

2016 両洋の若眼展

2016/1/9

 

『2016 両洋の若眼展』 が開催されます。

研究科生の3名が出品しています。

 

■1月9日(土)~1月17日(日)
■10:30~17:00  
■出品者

日本画: 明壁美幸、松岡円香、森永悠太、矢田敬子、吉田奈保子
洋画: 大平穂高、権藤日香里、Adeline Le Mett
■入場無料


■ 会場:ギャラリーF

     〒735-0023 安芸郡府中町浜田本町4-25
■ 携帯(主連絡先)080-1946-1804
■ TEL・FAX : 082-555-3400

 

ギャラリーF HP