641特別講義 8「国吉康雄を知っていますか?」

 

企画:641 諏訪敦 研究室
日時:2013年4月5日
場所:講堂小ホール
ゲスト講師:才士真司(国吉康雄展企画者)江原久美子(福武財団学芸員)

 

 

ベネッセアートサイト直島では、「瀬戸内国際芸術祭2013」の一環として、福武コレクションの国吉康雄作品を一堂に集めた回顧展が開催されましたが、この機会に企画担当者の才士真司氏と福武財団 学芸員の江原久美子氏を御招きし、17歳で単身米国に渡ったのち絵の才能に目覚め、20世紀前半のアメリカを代表する画家となった国吉康雄の画業を、貴重な映像を交えてレクチャーしていただきました。

 

才士真司

兵庫県尼崎市生まれ。松竹シナリオ研究所に入所。後に映画美学校に在籍し、ユーロスペースを拠点に活動を開始する。映画美学校在学中に岩井俊二監督作品「リリィ・シュシュのすべて」に演出部の応援として参加。以降、ドキュメンタリー映画の現場で撮影・照明を担当。塩田明彦監督作品「害虫」では美術として、青山真治監督のドキュメンタリー作品、劇映画では制作部を務め、後、清水崇、瀬々敬久、高橋伴明、高橋洋、中原俊、押井守らの監督作にキャスティングとして参加しながら、アート系作品のプロデュースを開始。GONZOの実写映画部門に籍を置いていたが、2008年にシネマコードを設立。学校法人文化学院の講師も勤めている。シネマコード代表。

 

江原久美子

1991年 神戸大学文学部哲学科社会学専攻卒業

1991年~2007年 株式会社ベネッセコーポレーション勤務。1996年~2007年は、 同社のアート担当部署にて直島でのアートプロジェクトおよび国吉康雄美術館に携わる。

2011年~現在 公益財団法人 福武財団勤務、国吉康雄に関する業務に携わる。