641特別講義 黒瀬陽平 ディスカッションツアー&講演会

 

企画:641 諏訪敦 研究室
日時:2017年2月13日
場所:学内/講堂小ホール
ゲスト講師:黒瀬陽平

 

 

開催中であった芸術学部卒業・修了制作展の会場3カ所を学生有志と回りながら、黒瀬氏による作品講評とディスカッション会を行なった。また、講堂小ホールにて講演会も開催された。

 

黒瀬陽平/くろせようへい

1983年生まれ。美術家、美術批評家。ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校主任講師。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。2010年から梅沢和木、藤城嘘らとともにアーティストグループ「カオス*ラウンジ」を結成し、展覧会やイベントなどをキュレーションしている。主なキュレーション作品に『破滅*ラウンジ』(2010年)、『カオス*イグザイル』(F/T11主催作品、2011年)、『キャラクラッシュ!』(2014年)、『カオス*ラウンジ新芸術祭2015「新街劇 怒りの日」』(2015年)など。著書に『情報社会の情念』(NHK出版、2013年)。